daily thinking running

はてなのプロデューサー(86世代)として日々想い、走る日々。

仕組みで勝って人で圧倒する 俺のイタリアン 俺のフレンチ ビジネス書評

俺のイタリアン、俺のフレンチ

俺のイタリアン、俺のフレンチ

ブックオフの坂本会長が立ち上げた俺の〜〜という、高い原価率で人気を集める立ち食いのお店を立ち上げたビジネス書。


仕組みで勝って、人で圧倒する

本書の中には仕組みということばキーフレーズとして出てくる。原価率と回転数の掛け算で考えた際に回転数を上げることで利益を生み出すというビジネスモデルは一見シンプルなものに見える。ビジネスモデルが、いくらシンプルでも、それをスケールするには採用、育成、組織化など仕組みが必要になるというのはなるほどと思った。あと、仕組みだけでなく、競争優位の源泉として、人に注目してるのは面白い。俺の〜〜の仕組みは競争優位になりうる人材としての料理人を持続的に採用するための、店つくり、ブランド、ビジネスモデルの明快さ、ビジョンなどにあると感じた。
翻ってwebサイトやアプリを運営するにあたってプロダクトの競争優位、ビジネスモデルの確かさ、仕組みの現実性、リソースの競争優位という4つの観点でサービス、プロダクトを見直していきたい。新規サービスを考える際にも応用できる視点だと思う。実践していきたい。