読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

daily thinking running

はてなのプロデューサー(86世代)として日々想い、走る日々。

ビジョンとユーザーにとっての具体的な利益をちゃんと紹介できているか

staffblog.news.yahoo.co.jp

 

インタビューしていただいたので、その際に考えていたことなどを少し。

 

長いサービスだからこそ、今のサービスの状況は「ビジョンを実現する道の途中」だと改めて共有していきたいと考えています。今いるユーザー以外の新規ユーザーを集めることに執着するということよりも大事なことがあると思って企画しています。今いるユーザーにとって、もっと簡便にしていくことで、きっと新しいユーザーに声が届くように、そういう企画を実現していきたいです。

 
サービスを成長させようとするときに、新しいユーザー獲得を目指すのは、分かりやすいやり方だと思います。でも、サービスのコアが成長するには、既存ユーザーと育ててきた価値をどう伸ばしていくか、そこを見つめ直す必要があると思っています。
 
そう考えていくと、今の空間をどう居心地良くするかを考えていく「だけ」ではなくて、今はまだビジョンにとっての道の途中であるとユーザーに信じて、期待してもらえることが重要だと感じています。
 
頑張っていきたい。