読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

daily thinking running

はてなのプロデューサー(86世代)として日々想い、走る日々。

はてなブックマークを使って、上手に息抜きをする方法

86世代の気づき

ちょっと5分位時間ができた時に、ニュースアプリを開く方たくさんいらっしゃいますよね。同じようにはてなブックマークのアプリを開く方もいらっしゃると思います。ありがとうございます!そういった、ちょっとした時間の暇つぶしに使っていただくことも非常にありがたいのですが、少し違う使い方を提案してみます。

 

私は、暇をつぶしたいということではなくて、仕事や育児などから少しだけ距離をおいてまったりしたいという時があります。小難しいことを考えたくない時というやつです。スイーツを食べて過ごす人やマンガやゲームをするといった方もいらっしゃると思います。そんな時に、はてなブックマークを活用するようにしています。

活用の仕方は、まずOFFな時に読みたい記事に「息抜き」というタグをつけます。そして、それをマイブックマークの右上から検索して、ただ読むだけです。すごく簡単。記事を選ぶのにルールがあって、僕の場合は、以下の様なものです。

 ・仕事の文章は入れない
 ・インタビューなど長文のコンテンツをいれる
 ・趣味や関心がないものでも入れてみる
 ・全く未知のものでも入れてみる

仕事の文章は入れないのはやはり息抜き中は忘れたいという理由です。長文のコンテンツなのは、本よりも長時間頭を動かさなくて済むが、読み応えは有り、読み終わった時に読了感が出る。知らないもの、興味が無いものを入れるのは、個人的には大事で、息抜きしてる時は結構頭を空っぽにしたいので、あんまり詳しくないことのほうがすっと入ってくることが多いからです。理由はいくつかあると思うのですが、たぶん詳しくないがゆえに、考えずに読めるということが大きいように思います。更にそれがキッカケで、「あわせてよみたい」などから沼にはまっていくことも有ります。

 

はてなブックマークで見つけた記事は、すぐに読む、あとで読むという2つのやり方が明確に提示されています。加えて、ブックマークという特性上、繰り返し読むということにも活用できます。以下のブログで書かれているような使い方は非常に理想的なブックマークの利用方法と言えると思います(アプリからもっと簡単にマイブックマークをタグで一覧できるように改善していきたいと思っています)。

tsuji.hatenablog.jp

 

上記に上げたような息抜きをする利用方法では、「いつか読む」という新しい読み方にもなっていると気付きました。今すぐ読むという記事、あとで絶対に読む記事、いつか時間ができた時に気軽に読む記事、そういったものをまとめてブックマークしている、そういう何でもかんでもをブックマークできる良さがはてなブックマークにはあると感じています。

そのメリットを享受するポイントとして、タグを積極的に利用するということがあるのだと思います。息抜きタグを使い出したのはココ最近なのですが、簡単なルールを決めて運用してみると非常に便利だと感じています。タグの運用ルールを決めて、タグを実際に使うというのは非常に面倒で複雑なのですが、一度決めてしまうと便利さがわかって、色々と新しい運用方法まで考えてしまいます。

こういった一度使うと確実に便利なのですが、使うモチベーションがいまいちワカラナイ機能について、もう少しユーザーの皆さんに上手に紹介できればと開発チームでは日夜ウンウン唸っています。どうすれば、もっとタグの良さがより多くのユーザー(特にはてなブックマーク初心者ユーザー)に届けられるのか、ぜひ普段のタグ利用方法など含めて機会があれば教えて下さい。開発の参考にしていきたいです。

 

息抜きをするときはベッドで寝転がっていることが多いです。そういうときはぜひはてなブックマークのアプリで息抜きしてみてください。

 

7/366