読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

daily thinking running

はてなのプロデューサー(86世代)として日々想い、走る日々。

はてなブックマークで人気のタグが音楽で新鮮だった話

半年ほど前になるのですが、10周年を記念してはてなブックマークでもっとも多くついタグをまとめてみました。

hatenanews.com

 

1位は想定通りだったのですが、他の10位以内のタグをみて新鮮な印象をもったことを覚えています。特に5位に入ったmusic/音楽のタグは新鮮でした。ゲームやアニメといったジャンルのタグやテクノロジーやwebサービス関連のタグが多くあるだろうと予想していたからです。

いろいろと自分なりに推測してみたのですが、まず背景として、音楽を扱うインターネット媒体が多くあるということを考えました。音楽ナタリーさんをはじめとして歴史ある媒体さんも多いですし、新しい媒体さんも随時出てきているように思います。そういったインターネット上で展開するメディアさん、ひいてはライターの方が多かったこともタグ数にあらわれているように思います。

 

加えて、はてなにそういった音楽好きのユーザーが多かったことも影響しているように思います。

weekly.ascii.jp

この記事を読んだ時に、はてなアンテナはてなダイアリー、そしてはてなブックマークに多くの音楽好きのユーザーがいたことを感じました。ブックマークするユーザーとしても、ブックマークされるユーザーとしても音楽好きのユーザーが多かったことははてなの外部からすると知られていない特徴の1つかもしれません。

 

音楽の次にゲームが多かったというのも、うごメモはてなといった任天堂さんと一緒になって運営していたサービスでゲームに関心のあるユーザーが多くいたというのも理由の1つかもしれないと感じています。そういった中で、発表させていただいたようなMiiverseとの連携はまたはてなブックマークに変化をもたらすかもしれないなと感じています。

また、公式アカウントという取り組みでは音楽webメディアさんにアカウントを取得していただいてブックマークしていただくといった取り組みもしています。こういう今いるユーザーの人気の記事を更に深めるような取り組みがどういった影響をおよぼすのか楽しみにしています。

 

ユーザー向けのサービス、特にCGMといわれるユーザーのアクションによってコンテンツが生まれるジャンルのサービスでは、ユーザー側の変化やユーザーの属性によってサービスが進んでいく、サービスが積み上げていくものが変化していきます。はてなブックマークは10年という月日をかけて音楽やゲームについて多くのものを積み上げています。

そこから更に進んだ10年ではなにが積み上げられていくのか、どういった属性のユーザーが参加するようになるのか非常に楽しみにしてます。時にはうごメモやMiiversenのような外部企業との連携による刺激、はてなアンテナはてなダイアリーなど自社の他サービスからの刺激、公式アカウントといったはてなブックマーク自体の新機能による刺激など様々な刺激を与えることでユーザーと一緒になって変化を楽しんでいきたいと思います。10周年を迎えて、他の様々な企業とのコラボも進めていきたいと思っています。ユーザーと一緒に変化していくサービス作っていて非常に楽しいです。それは自分たちの想像を超える化学変化が起きるからであり、それによって自分たちの想像を超える成長につながるからです。

 

この連携の他にも10周年の機能はいろいろとあります、ぜひお時間のある時に試してみてください。以下よりどうぞ!

 ・はてなブックマーク10周年 - はてなブックマーク

 

15/366