daily thinking running

はてなのプロデューサー(86世代)として日々想い、走る日々。

スワイプについて考える

b.hatena.ne.jp

iOSAndroidもスワイプというアクションがあります。これはWebにはないアクションの中で最も代表的なアクションです。タップ(クリック)しないで遷移できるというアクションであるため、非常に便利なものになり、ユーザーの遷移においてスワイプを利用したいというケースが良く有ります。

これを実装していくのですが、実装しても使っていただけないケースが有ります。たとえば、AndroidiOSで同じ機能を提供しているのですが、デザインが少し違っていて、Androidはスワイプ出来そうな画面、iOSはスワイプではなくタップで移動しそうな画面となっていて、前者はスワイプ移動が多く、後者はスワイプに気づいてもらえないためスワイプ移動の比率が低いということがありました。

この数字が如実にでてきたため、正直びっくりしたことが有ります。とはいえ、全ページでスワイプ出来ますと伝えることも出来ないですし、スワイプ出来るマークなどを出すのも不適切だと考えています。なので、スワイプ出来そうなデザインを採用していくことが重要だと考えています。これは、はてなブックマークアプリ内だけで共通化するだけではなくて、他のアプリで採用されているUIなどを活用することが重要と考えています。こういった部分はアプリならではのデザインですし、iOS/Androidでも方向性が違っていることもあったり、はてなブックマークとしても手探りでやっています。遷移をスムーズにするだけではなく、それがスムーズになったことを伝えていく取り組み、しっかりと改善していきたいとおもいます。

 

135/366