読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

daily thinking running

はてなのプロデューサー(86世代)として日々想い、走る日々。

はてなブックマークを検索してモノを買う

86世代の気づき

最近、ものが欲しくなった時にはてなブックマークを開いて検索するようにしています。google検索でもよかったりするのですが、僕の探しているイヤホンだとなんかちょっとうまくニーズにあった結果が返ってこない時があります。どういう場合かとかを考えたりするのですが、単純にランニング、イヤホンと検索すると、記事が出てきます。それはまとめ記事であったり、雑誌の記事であったりします。その価値を裏付けるようにPV数などが書いてあるケースも有るのですが、読んでみると結局どれがよい商品なのかちょっとわからないなと感じました。いくつか背景があると思っています。一番大きいのは単純に対象とする商品がかなり多い場合、数本の記事を元に目当ての商品をピックしても実は他にあるんじゃないかと勘ぐってしまいます。

あとはAmazonのランキングからレビューなどを見る方法を同僚から聞いたので試してみたのですが、ランキングに載っている商品も多様で、価格帯や満足度、売り方、商品設計、デザイン、様々な観点で複雑化しているように感じました。なので、一体自分がほしい商品はどこにあるのかと感じています。

 

ランキング自体には価値が有るはずですし、記事のPVを指標にすることは価値があると感じています。一方で、当該分野が初めての人にとっては、それとは別に後押しになるような情報があると嬉しいだろうなと感じています。それは価格コムのような口コミのようにも感じますし、はてなブックマークのようなブックマークでも良さそうです。前者は掲示板形式で商品をおおよそ決めたり、価格コムが提示するカテゴリにニーズが街していた場合に非常に有用な手におもいます。

後者のはてなブックマークがよいケースは初めての人がざっくり情報を探す時が適しているように感じています。ブックマーク数が多い記事はやはり、参考になる事が多いですし、50を超えてくると興味が無い人が共感しているケースが多いため、初心者でも共感しやすい記事が出ているようにおもいます。古い記事が混ざるという難点もあったのですが、それは期間指定ができるようになったので解決です。新しいはてなブックマークのアプリでは、こういった検索オプションに対応しています。つい先日Androidでも対応されました。ぜひ一度なにか欲しい物がある時に検索してみてもらえると幸いです。こちらからアプリをDLしてご活用ください。

 

212/366