読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

daily thinking running

はてなのプロデューサー(86世代)として日々想い、走る日々。

プレゼントキャンペーンのプレゼント

b.hatena.ne.jp

前職では出版社さんと企画することが多かったのでサインなどが多かったのですが、はてなに入ってからは、毎回プレゼントの内容を考えることから始めています。サインは本当に人気で、やはり非常に貴重なものですし、マンガ家さん皆さんは非常にサービス精神旺盛で丁寧なサインを頂くことが多く、もらった方も非常に喜ばれていたように感じています。

はてなでは、その時の感覚からもらった方に取って喜んでもらえるような商品というのを意識するようにしています。最初は、自分自身がもらったら嬉しいものなどを考えたりもしたのですが、基本的にはプレゼントキャンペーンにはターゲットユーザーがいて、そのユーザーがもらって嬉しい物を目指す必要があると感じていました。

 

よく迷うこととして、プレゼント自体がはてなブックマークで盛り上がっているものとキャンペーンしたい企画との親和性だとどっちが効果が大きいのかというのを考えることが有ります。最初は後者なのかなーと思っていたのですが、実際はおそらく前者のほうが効果がよく、認知度も広がると思っています。ただ、ターゲットから外れたプレゼントになったり、プレゼントだけ意識されて、実際のキャンペーンがわからなくなったりといったことが発生するかもしれません。後者であればキャンペーンを理解してもらいやすくなる可能性があるので、そういった問題を避けやすくもなるとおもいます。実際は、この両面で適切なプレゼントを検討していくのが良いと思うのですが、そうなると商品がないときもあります。

私が苦手だなーと思うものとして、サービスや機能の名前をつけることがありますが、プレゼントを選ぶのも苦手だなーと感じるものの1つです。経験がないこともありますが、経験がないと言わずにしっかりと成功体験を掴んでいきたいなと感じています。ぜひご応募下さい。

 

118/366