読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

daily thinking running

はてなのプロデューサー(86世代)として日々想い、走る日々。

一般カテゴリを活用してみる

86世代の気づき

昨日公開し忘れておりました。

以下のアップデートでアプリにおいて、一番初めに表示されるカテゴリを「総合」と「一般」のいずれかを選べるようにしています。リリースして以来、一般を利用しているユーザーの数は増えています。総合から「アニメとゲーム」「テクノロジー」「おもしろ」を除いたものです。命名については入社前なので詳しい経緯はわからないのですが、ずっと一班と呼ばれています。

bookmark.hatenastaff.com

総合と一般は複数のカテゴリを合成したものです。1つのカテゴリに絞られた情報ではなく、広く情報をみてもらいたいという思いがあります。その時に、どうしても苦手なカテゴリがある場合に、それで読みたいカテゴリが読みにくくなるのを避けたいと考えています。

そこで、一般は生まれました。個人的には、総合を利用していますが、こういったニーズがあるということを改めて感じております。またこの利用形態であれば、他にも複数カテゴリを混ざった形のカテゴリを用意するのも良いのではないかと考えています。どういった観点が良いのか、悩んでいるのですが、少なくとも5個以上のカテゴリが混ざって、多くのジャンルの記事が選べるということを意識しています。そういう意味では、ニュース量が多いカテゴリを混ぜたり、日常ネタを多くしてみたり、趣味ネタを多くしてみたりと様々な形が考えられます。とはいえ、多くのユーザーが同じ注目記事を見るという総合の良さもあるので、分散化するニーズと同じ面を見るというサービスの特性とをバランスを考えながら、色々と実験していきたいと思っています。

 

132/366