読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

daily thinking running

はてなのプロデューサー(86世代)として日々想い、走る日々。

タグ検索とキーワード検索の活用方法の違いを紹介したい

86世代の気づき

iOSアプリでは、ヘルプを丁寧に作りこむということを進めています(まだ道半ばです)。以下のように少しずつヘルプを作りこんでいます。

ヘルプどのような形が正解なのか見えていないのですが、まずはたくさん作りこんでみてより使いやすいように整理していきたいと思っています。

 

その中で、今日は検索機能について紹介します。検索機能について、新しいはてなブックマークアプリでは、USERSでフィルターをかけたり、期間指定を入れるなど細かく制御できるようになりました。合わせて、1つの検索ワードに対して、タグとキーワードを同時に検索できるようになっています。ただ、タグとキーワードで何が違うのが分かりにくいかもしれません。

わたしは、タグ検索はトレンド情報を「ウォッチ」するための機能だと考えています。JSやサッカー、広告、ガンダムといったそういった変化のある情報を継続的にウォッチするために検索(フィルタリング)しているという形だと思います。一方でキーワード検索は、2.5億件を超えるはてなブックマークの質の高い記事から面白い記事を「発掘」するための機能です。いつも追っている情報ではなく、未知のことや懐かしいことなどを調べるために使います。最近私がキーワード検索したのは、「冒険王」です。少し古い情報を調べるなどするのに便利です。

Googleの検索は、古いキーワードには古い結果も返してくれるのですが、よく使われるようなキーワードにはより新しい情報を提示します。それだと古くて面白い記事を見つけることが難しいという課題があると思います。Googleで「タモリ」と検索した結果とはてなブックマークで「タモリ」と検索した結果は、全然違います。それぞれが使いみちがあり、それぞれに面白みがあります。

 

タグはタグでウォッチするための機能として非常に優秀なのですが、個人的にはキーワード検索にこそ面白みがあると感じています。一度調べだすとついつい止まらなくなって、1時間以上記事を黙々と読んでしまうことも良く有ります。ちょっとしたtipsですが、タモリウッチャンナンチャンスターウォーズドラゴンクエストなど非常に有名なキーワードを検索し、50−100USERSで縛ってみてください。懐かしい話もあれば、あまり知らない裏話まで色んな物が見つかると思います。

こちらもベッドでアプリを使いながら息抜きする方法にも適しています。ぜひDLしてご利用下さい(本日アプリがアップデートされました、はてなのお知らせなどが利用できるようになっています)。

  

 ・・・・・・・・・・

 

ブログが無事7日間続けることができました。このブログを書くときは、IT業界の外にいる妻にはてなブックマークを説明することを意識して書くようにしています。一緒に開発しているエンジニアの仲間が、いつか奥さんが使いたいって思うアプリを作りたいと言っていて、僕はそれに凄く共感しています。このブログを毎日続けることで自分の妻がはてなブックマークの使い方を理解してくれるようになることを期待しています。

 

8/366