daily thinking running

はてなのプロデューサー(86世代)として日々想い、走る日々。

ワンピースと少年任侠マンガ

ワンピース好きな作品で、やっぱり頂上決戦やドレスローザ編みたいな週間でどうなるんだどうなるんだ?と読むのが好きです。

■ - hitode909の日記

ワンピースは仁義を大事にするヤンキー的な世界観というのはまさにあっていて、以下のpodcastでも任侠モノとしてのワンピースについては触れられている。

http://podcasts.tfm.co.jp/podcasts/tokyo/rg/suzuki_vol114.mp3

僕はこのインタビューというかラジオを聴くまで全然気づけなくて(それだけ任侠モノに親しみが無くて)、もしかするとワンピースが初の任侠モノだったのかな?とも考えています。

 

ジャンプというのはやっぱりすごくて、任侠モノを少年漫画として楽しめると考えると、いろんなモノの入り口になっているんだなと。ナルトみて忍者に興味を持ったり、ヒカルの碁をみて囲碁に興味を持ったり。デスノートで警察に、火ノ丸相撲で相撲に。ヒロアカをみてアメコミに興味を持ったりもあるだろう。ラブコメみて女の子に興味を持ったり。

 

今はもう少年以外も読んでる雑誌だと思うけど、少年のための入り口になっている漫画と考えれば、ジャンプの少年性はずっと変わらないのかな。