daily thinking running

はてなのプロデューサー(86世代)として日々想い、走る日々。

アプリ内ブラウザでリンクを長押しすると、共有メニューが表示されるようになったので背景を紹介する

iOS3.11で提供開始となった機能を紹介記事のラストです。本日は「アプリ内ブラウザでリンクを長押しすると、共有メニューが表示されるようになった」ことについてです。

  • safariからコメントができるようになりました
  • お気に入りでユーザーのコメントが表示されるようになりました
  • 各カテゴリの 人気から右にスワイプ・ 日めくり で左にスワイプすると、他のカテゴリを見るボタンが表示されるようになりました
  • アプリ内ブラウザでリンクを長押しすると、共有メニューが表示されるようになりました(今回)

テキストだとわかりづらいのですが、記事を読んでいる際に出てくる文中リンクを長押しすると共有メニューが開くという機能になります。共有メニューが開くということで、ブックマークする機能や今回実装した記事への反応を見る機能が活用できます。

 

記事内のリンクを押したくなる時は、よくあると思うのですが、具体的にはどういうシチュエーションでしょうか。記事内のリンクとしてよくあるのが「次のページヘ」「関連する記事へ」「その媒体の人気記事ランキング」です。これらは、既にそのページの文章を読み終えて次の導線として置かれているものです。ふと見た時に気になった場合はついつい押したくなりますね。そんな時に、電車が目的地について記事が読めなくなった時、サクッと記事をブックマークできると便利かと思います。そういったシチュエーションでも利用できます。

あと個人的な感覚ですが、safariのように履歴がチェックできたり、ウインドウを複数広げることが出来ないアプリ内ブラウザではどうしても開いたページから次のページへ行くのが居心地が悪く感じる時があります。これは、はてなブックマークにかぎらず、TwitterFacebookでも同じように感じます。なにかミスった時に取り返しがつきにくそうな印象というか、失敗が許されない感覚があります。これはあくまでも感覚なのですが、もし共感してもらえる方がいれば便利に使っていただけるかもしれません。

 

という感じで2つ想定しているシチュエーションを書きましたが、実際は別のシチュエーションでの利用を期待しています。それは、ブログを中心とした文中リンクによる記事を重ねていく文化への対応です。ブログなどは、何かのニュースをキッカケに記事が書かれたり、別のブログへの個人的なアンサーとして記事がかかれるシチュエーションがおおくあります。こういった記事、非常に面白くて好きなのですが、1つの記事を読む時にいろんなリンクをたどるのが集中できなくて気持ち悪いという感覚があります。

これを改善する方法として、文中リンクを長押しして、あとで読むをしながらブックマークすることで、まずは本文を呼んで次の記事を読むことが出来るというやり方が生まれます。常に使いたくなる機能ではないのですが、必要なシチュエーションでは非常に便利な機能になります。ブロガーさんの面白い記事は、はてなブックマークによく掲載されています。それをより気持ちよく読みやすくするために作った機能です。ぜひうまく活用してもらえると嬉しいです。

 

73/366